-アプローズは会津若松市にあるアーユルヴェーダヒーリングサロンです-

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダはインドで生まれた世界最古の医学とされ、その歴史は5000年以上とされています。 サンスクリット語で「アーユス」(生命) +「 ヴェーダ」(知恵)= 「アーユルヴェーダ」 生命の知恵というその名の通り、私たちの生活にかかわる様々な英知を体系化したものです。 体・心・精神は繋がっているという考え方から、その3つ全てを整え、調和した状態でいることが 健康で裕福な生き方であるとしています。

アーユルヴェーダは「人が生まれてから死ぬまで、いかに健康で幸福に過ごすか」を目的とし、 「病気にならない生活法」といった予防医学と心の健康をもたらします。 ハーブオイルを使ったマッサージなどの施術は、そのための方法の一つになります。

アーユルヴェーダの概念

アーユルヴェーダでは、「全ての物質は5つの元素(地水火風空)から構成される」とされています。
そして、人は「ヴァータ(VATA)」「ピッタ(PITTA)」「カパ(KAPHA)」の3つのエネルギーから支えられているとされています。 その人を支えるエネルギーを「ドーシャ」と言います。 ドーシャは3つそれぞれ特徴があり、人に与える影響もドーシャにより異なってきます。

三つのドーシャ

アーユルヴェーダでは、誰もがこの三つのドーシャ(エネルギー)を、人それぞれのバランスで持っていて、 そのバランスにより、その人の体質や気質が決まることになります。 この生まれ持ったその人本来のドーシャのバランスが崩れると、体や心の様々な病にかかるとされています。 この崩れたバランスを様々な施術によって、元に戻すのがアーユルヴェーダのコンセプトなのです。

アプローズのアーユルヴェーダセラピー

アヴィヤンガ

サンスクリット語で「滑らかなもので繰り返し擦る(さする)」という意味のアーユルヴェーダ伝統のマッサージ 「マルマ(ツボ)」を刺激しながら、たっぷりの温かいハーブオイルで全身を丁寧に、 そしてダイナミックにマッサージします。
インドの古典では「老化を防いで100歳の長寿を授かる」と言われています。


シロダラー

「脳のマッサージ」と言われ、最高のリラクゼーション法です。
特に忙しい方、不眠、憂うつな気分でお悩みの方におすすめです。
人肌に温めたハーブオイルをゆっくりと静かに垂らし続ける30分は、意識が遠のいていくのを感じながらの、心が解放される時間となるでしょう。
また、時間の感覚もなくなり、30分をたったの5分に感じる事もあります。

アプローズメニューページへ ——

アプローズのハーブオイル

アプローズではインドから取り寄せたハーブオイルを使用しています。
ケララ州トリヴァンドラム市にあるアーユルヴェーダ専門クリニックの Dr. Jayakumar により監修されたハーブを取り寄せ、目的や体質別にオイルで煮込んでいます。その内容は、一つの処方につき数十種類に及びます。
乾燥状態で粉砕されたそのハーブを、1時間以上煮込んでいくと、オイルは粘性をおび、ハーブの成分が凝縮されたとても濃いハーブオイルが出来上がります。